セレック(CEREC) | 吉祥寺の歯医者 - さくま歯科 -

セレック

セレック(CEREC)

セレック(CEREC)とは

CEramic REConstructionの略で、院内でセラミック系の被せ物を作成できるCAD/CAMシステムです。

セレック(CEREC)導入の経緯

セレックは以前からあったシステムで、1日で修復完了できる素晴らしいシステムでしたが、口腔内をスキャンする部分に難点があり導入は難しいなと思っていました。
しかし、3D光学印象がオムニカムに代わりに口腔内での操作性が格段に進歩した事で、短時間でのセラミック修復が可能になったと感じました。

従来のセラミック治療での問題点をかなり改善できるので導入する事を決めました。

オムニカム:口腔内をスキャンします セレックAC:セラミックのデザインを行ないます
オムニカム セレックAC

セレック(CEREC)でできる事

セレックと言えば1日でセラミック修復を完結するoneday tretmentが代名詞のように言われていますが、セレックは歯を治す道具ですので使い方は本当にたくさんあります。従来の型を取る治療法にも対応出来ますので、選択肢が広がったと言えます。
また工場で作られた高品質のセラミックブロックを削り出すので、加圧して作る従来のセラミックとは品質が異なります。

これまでの虫歯治療は接着技術の向上でコンポジットレジンを中心に進化してきましたが、型を取るような大きなインレーやクラウンの症例では補綴物の作製に1週間程度を要し、この間は仮の詰め物や仮歯で過ごす必要がありました。咀嚼に不便なだけでなく、虫歯を取った新鮮な面を汚染する可能性や、封鎖が甘いので神経の保存には不利になります。
しかし、セレックで当日にセラミック修復できる事は形成面を守り神経のダメージを最小限に出来ます。
従来のセラミック治療と歯の切削量も変わらず、歯科医師が補綴物をデザインできる事で患者さんから見ると安心感もあると思います。もちろん従来通りの治療法にも使えます。

出来ない事(デメリット)

金属や義歯(入れ歯)を削り出す事ができない点です。医療先進国ドイツからやって来ました。ドイツでは金属を選択する事はありませんので、日本の保険診療のような金属を念頭に置く事がないからです。
セラミックでもジルコニアなど、熱を入れたり色を付けたりする必要がある場合は1日での治療が難しい場合があります。

従来法とセレックoneday treatmentの比較

※ケースによっては適応出来ない事があります

  従来法 セレックone day treatment
方法 印象採得し技工所にセラミックの作成を依頼 デジタル印象により診療室でセラミックを削り出す。
即日でセットし治療を完結する。
利点 歯肉縁下の深い虫歯に対応できる。 麻酔が一度で済む
仮詰めが不要のため神経の保護、接着に有利
セラミックブロックを使用するので材質が均一
欠点 来院回数が多い
汚染の可能性があり接着に不利
ケースによっては適応できな場合がある。

術式

3D光学印象

セレックAC

虫歯を削って、オムニカムで口腔内をスキャンします。

セラミックの設計

セレックAC

セレックACでセラミックの設計を行ないます。

セラミックブロックの削り出し

セレックAC

ミリングマシンでセラミックブロックを削り出します。ブロックの種類によっては熱を加えセラミック強度のアップと艶出しの作業を行います。

口腔内にセット

セレックAC

口腔内にセットし調整、研磨を行ないます。

費用

保険外診療になります。