歯髄炎と深い虫歯 | 吉祥寺 歯医者 – さくま歯科

歯髄炎と深い虫歯

こんにちは 武蔵野市 吉祥寺本町 さくま歯科 佐久間琢です

今回は歯内療法の分野から歯髄炎と深い虫歯についてです。

歯髄炎とは歯の神経が炎症を起こした状態の事です。原因の一つに深い虫歯があります

症例です

インレーの脇から虫歯が発生し中が黒くなっています。

0000006029__Camera_20160213104038

まず、インレーを除去します。

虫歯になっているのがわかります。

0000006029__Camera_20160227121828

虫歯を取って行くと神経が一部露出しました

0000006029__Camera_20160227122321

治療前に痛みが出ていたので神経を取る事になりました。

深い虫歯が原因で神経が炎症を起こした結果です。

メタルインレーはセメントの劣化により辺縁からの微小漏洩が発生する確立が高く

接着性セメントの使用や、ゴールドのように伸びがあり適合の良い材質やセラミック系の素材の選択が推奨されます。

 

  カテゴリ:歯内療法