顎関節症のセルフケア | 吉祥寺の歯医者 - さくま歯科 -

顎関節症のセルフケア

こんにちは 武蔵野市 吉祥寺本町 さくま歯科

日本顎関節学会認定 顎関節症専門医 佐久間琢です

今回は顎関節症のセルフケアについてです。

顎関節の治療は多くのケースで3ヶ月が1区切りになります。

その後はセルフケアに移行して行きますが、セルフケア(開口練習)が不足すると、再び症状が強くなることがあります。顎関節症は悪い癖の除去が大切になりますが、関節に対する負荷は開口練習をすることである程度軽減できます。

全く、開口練習をやめてしまうと徐々に蓄積して再発します。

少しずつセルフケアを行なって症状の固定維持が大切です。

投稿日:2021年9月19日  カテゴリー:顎関節症