口腔粘膜疾患:白板症(はくばんしょう) | 吉祥寺の歯医者 - さくま歯科 -

口腔粘膜疾患:白板症(はくばんしょう)

こんにちは。武蔵野市 吉祥寺 さくま歯科 佐久間琢です。

 

今回は口腔外科の分野から口腔粘膜疾患の白板症についてです。

 

白板症(はくばんしょう)前癌状態とされており要注意の粘膜疾患です。最近では前癌状態とは言わずに口腔潜在的悪性疾患とされています。

 

白斑が顕著なタイプ、白斑と赤い部分が混じったタイプ、境界が明瞭なタイプ、境界が不明瞭なタイプなどがあります。

 

症例です。

①舌の左側、ちょうど写真の中央に白い部分が確認できます。

IMG_7663.JPG

このように境界が比較的明瞭で、白い部分のみのタイプ

悪性の心配は低いです。ただし、経過観察は必要です。

 

②舌の左縁部に白い部分と赤い部分が混在し、境界があまりはっきりしません

189.jpg

このようなタイプは要注意です。

組織検査の結果は悪性腫瘍でした。

なかなか口腔粘膜を見る機会がないと思いますが、気になる症状は受診しましょう。

 

 

 

 

 

投稿日:2021年7月1日  カテゴリー:口腔外科