親知らずの歯肉弁切除 | 吉祥寺の歯医者 - さくま歯科 -

親知らずの歯肉弁切除

こんにちは 武蔵野市 吉祥寺本町 さくま歯科 佐久間琢です

今回は口腔外科の分野から親知らずの歯肉弁切除についてです

親知らずが腫れてしまって抜歯を行わない場合、

親知らず周囲の環境を改善し清掃性を高める事が必要になります

症例です

写真一番左側が親知らずです。

親知らずに歯肉が被っていて歯の半分が隠れています。

0000005517__Camera_20150421135913

このような場合、歯肉と歯の間に細菌が繁殖し腫脹を繰り返す事があります。

歯肉を切除して、歯冠部分を出して清掃性を高めておく事が必要です。

ただし、親知らず周囲の歯肉は厚いことも多く、歯肉切除しても腫れを繰り返すことがあります。このような場合は抜歯を検討しないといけません。

 

 

 

 

投稿日:2020年8月26日  カテゴリー:口腔外科