大臼歯の歯根破折 | 吉祥寺の歯医者 - さくま歯科 -

大臼歯の歯根破折

こんにちは 武蔵野市 吉祥寺本町 さくま歯科 佐久間琢です

今回は口腔外科の分野から大臼歯の歯根破折についてです

歯の神経を取ると歯が割れるケースは本当に多いです。

神経を取ることで歯のしなりが失われ、歯質自体が硬くなり、割れやすくなります。また、土台にメタルを使うことで歯に楔が打ち込まれ割れてしまいます。

ファイバーコアの使用を検討すべきです。

症例です

遠心根の頬側にクラックが確認できます

このクラックのために歯肉が腫れてしまった訳です。

0000002217__Camera_20140128160015.jpg

残念ながら抜歯の適応となります。

この後、ブリッジにするかインプラントにするかはよく考える必要があります。

インプラントは割れた歯を取り戻すような治療です。ブリッジは負担加重になり前後の歯に負担がかかります。

よく考えないといけません。

 

 

 

 

投稿日:2019年7月18日  カテゴリー:口腔外科