舌の白斑 | 吉祥寺の歯医者 - さくま歯科 -

舌の白斑

こんにちは  武蔵野市 吉祥寺本町 さくま歯科 佐久間たくです

今回は口腔外科の分野から舌の白斑についてです。

白斑を呈する疾患には口腔がん、白板症や扁平苔癬などがありますが、口腔がんが要注意です。白板症でも上皮の異形性が強い場合があり注意が必要です。白板症は前癌状態とされていて、赤色と白色が混在し境界が不明瞭なタイプは特に経過観察が必要と考えられます。

症例です

舌の側縁に白班があります。周囲の硬結がなく口内炎の治癒過程の可能性が高いと思われます。

0000006038__Camera_20160216180754

経過観察で良いのですが、長く治らない場合は、組織検査の必要があります。結局は組織検査で確定診断しないと確実な事は言えません。

 

投稿日:2018年5月13日  カテゴリー:口腔外科